記事で驚き、邦人は気づかない人も多い本当

今日も面白く自室でWEBしています。
ポータルサイトのニュースを見てたら、こんな作文を見つけました。
「日本の夏は過ごしがたい?熱帯部門出身の外人でも6割が“母国より過ごし辛い”」

作文箇条は、国中気象協会の「努力症NOへ」プロジェクトが今季5毎月行動の偵察によるものです。
偵察向きは20〜59年の在留外人、男女200奴だ。
偵察対象の規則が、日本国内で夏場(6〜9毎月)を過ごしたことがあることです。
こういう偵察はwebにて実施されたそうです。

こういう調査の実り、誠に79%が下記の通りの解答でした。
「日本の夏は、母国の夏季よりも話しがたい」
または「日本の夏は、母国の夏季と同じくらい話しにくい」
逆に“日本の夏は母国よりも過ごしやすい”との解答は、僅か10.5%だったそうです。

原因は、日本の夏季の湿度の高さだそうです。
日本の夏は海外の各所よりも湿度が厳しく、異国からの移住者もどうにも馴れないそうです。

生まれたときから、ずっと日本にいると気づかないものですね。
余談ですが、湿度答えに有難いものの一部分がベイビーパウダーだ。
成人もお銭湯上向き等に使うと、おスキンがサラサラして良いです。
ジメジメだけでなく、汗や皮脂でお困りの奴にもオススメです。